薬事法に注意 | 辛いアレルギーの症状はジルテック・ジェネリックで治そう

薬事法に注意

カラフルな色をしたカプセルと白い錠剤

ジルテック・ジェネリックを個人輸入代行と呼ばれるサービスを利用して海外から輸入する際には、様々な事を知り、そして覚えて注意する必要があるのですが、その中でも覚えておくべきこととして薬事法と呼ばれる法律の存在があります。
この薬事法とは一体何なのか……というと、これは医薬品に纏わる法律なのですが、実はこの薬事法という法律には個人輸入代行で購入できる医薬品の種類や数に関する記載が存在しているのです。
なので、もし個人輸入代行を利用して海外から医薬品を輸入しよう……という風に思っているのであれば、この薬事法というものについて少しだけでも知っておくと良い、と言われています。

薬事法の中でも、個人輸入代行を利用する際に特に気をつけるべき事として、購入数についての制限があります。
医薬品の通販サイトというのは、基本的に日本人向けに作られている為、サイト内に掲載されている医薬品というのは日本に輸入できるものが主たるものとなっており、輸入できない医薬品は掲載されていない、もしくは掲載されているけれども購入できないようになっているので、実はそこまで深く注意する必要はないのです。
ですが、購入数に関してはどれくらいの数買えるのか……というのはサイト内に記載されているけれども、それ以上の購入も行おうと思えば、薬事法には違反して購入する事も出来るようになって居るのです。

しかし、実際に薬事法を違反した購入数で薬の購入手続きを進めた場合、手続き完了後に自動的に注文がキャンセルされてしまったり、もし万が一日本に向けて輸送されたとしても税関などでストップされてしまう、医師免許証がなければ取得できない証明書の提出を要求される……というような、非常に面倒な事態が発生してしまうのです。
なので、面倒だからと言って法律を違反するような過剰な購入は行わなず、必要な物を必要なときに買うのを心がけるようにしましょう。